SSブログ

拝み屋怪談シリーズついに完結!拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉 [本・コミック]

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉
読了。
kowareta_yo.jpg
前編にあたる
拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉で広げた
風呂敷(伏線)をきれいに回収しましたね。

いや、前編の壊れた母様の家〈陰〉だけでなく
「花嫁の家」の伏線回収というか、因縁とも
決着を付けられて、ようやく長きにわたる戦いに
終止符が打たれたといったところです。

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉
では、前編の〈陰〉で散りばめられたパズルが
カチリ、カチリとはまっていく感じです。

今回の物語は、賛否両論あるかもしれませんが
怪談というよりも、ネバーエンディングストーリー
的なファンタジー感が強めです。
また、幻魔大戦とか、ジョジョの奇妙な冒険
などの、異能力バトル系のアニメとか映画などを
彷彿させます。

郷内さんの過去作品ですと、
「拝み屋怪談 来たるべき災禍」の世界観に
通じるところがありますので、あちらの作品を
楽しめた方ならば、今回の作品も大変おもしろく
感じると思います。

今回の「壊れた母様の家」の物語で言えば、
「造り神」という存在が新しい概念でした。
前編の〈陰〉の冒頭でも語られていますが、
まとめると以下のような存在です。

・自分の意思で作り上げるオリジナルの神様
・本人とはまったく別の人格として形成される
・依代をベースにして作るが、依代とは別の存在
 として独自に稼働する

生霊や、タルパともまた別物のようで、悪意の
元に造られた神は、時間が経つと、封じるのに
厄介な存在になるとか。

シロちゃん、カカ様、花嫁、イザナミちゃんなど、
これまで規格外の化け物として語られてきた存在も
含めてすべて「造り神」でした、という結論は
少し雑な気もしましたが、大きく分類すると、
そうなるのでしょうね。

それから、今回の物語に登場した「造り神」の
怪談が、郷内さんの他の書籍に登場してましたので、
紹介します。


拝み屋怪談 鬼神の岩戸 (角川ホラー文庫)
拝み屋怪談 鬼神の岩戸 (角川ホラー文庫)
P.50
母上さま

マダム陽呼の一味で、小西という背の低く気弱な
男性がいたと思いますが、彼の「造り神」による
怪異が語られています。



拝み屋異聞 うつろい百物語 (イカロスのこわい本)
拝み屋異聞 うつろい百物語 (イカロスのこわい本)
P.166
創造の家

2009年9月にマダム陽呼・留那呼の依頼で呼ばれた
郷内さんが、イザナミちゃんの前身に出くわす
怪異が語られています。
あの時の姉妹が、後の物語の黒幕に転じるとは
思いもよりませんでした。


拝み屋異聞 田舎怪異百物語 (イカロスのこわい本)
拝み屋異聞 田舎怪異百物語 (イカロスのこわい本)
P.288
長くて怖いものなんです

マダム陽呼のエボリューションで造られた
カカ様の被害に遭われた近隣住民の方が体験した
怪異が語られています。



拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉・〈陽〉
を通して、過去に行ったり現在に戻ったりと、
ちょっと時系列がゴチャゴチャしていて
んんん?となってしまいましたので、以下に
整理してみました。

1991/11~12 奇跡のシロちゃん 拾う・死亡
1992 十朱弓子・佐知子 宮城の高級マンションへ引っ越し
1994 十朱弓子・佐知子 宮城のボロアパートへ引っ越し

(母様の家に椚木里美・伊鶴が居住)
1996/4 深町伊鶴の元に清美姉さん顕現
1996/5 清美姉さん・赤ん坊融合、椚木里美死亡

2000/12 高鳥謙二・千草の出会い
2001/6 高鳥謙二・千草 結婚
(母様の家に高鳥謙二・千草・美月が居住)
2004/8 高鳥千草・霞と再会、謙二と離婚
2005/8/22 VS 真也 at 千草家(千草死亡)

2005/10 神降ろしの儀・造り神

2009/3 十朱弓子・佐知子 後の千草の家に引っ越し
(母様の家に十朱弓子・佐知子が居住)
2011/3/11 東日本大震災
2012/8/13 十朱弓子 死亡
2012/11 二代目浮舟桔梗 VS 椎名
2013/4/21 マダム陽呼、留那呼、椎那、イザナミ、
     十朱佐知子に接触
2013/6 佐知子宅(母様の家)に富乃、松子、継代、小西 参加。
    エボリューション開始
2013/7 ポンプ(仏壇の山)4基設置完了
2013/12 浮舟桔梗 VS 十朱佐知子
十朱佐知子、カカ様召喚。マダム陽呼、留那呼、椎那に死刑宣告
芹沢真也死亡
2014/6 十朱佐知子 浮舟桔梗にカカ様の件を相談
2014/8 椚木早紀江死亡
2014/10 十朱佐知子 浮舟桔梗宅に居候
2014/12 郷内さんポンプ(仏壇の山)1基破壊するも桐島加奈江死亡
2015/12 二代目浮舟桔梗死亡
2016/10 塔の夢、高鳥謙二からの依頼、深町伊鶴 登場、椚木昭代へ依頼
2016/11 城戸小夜歌、小橋美琴 登場、椚木の家近くで仏壇の山発見
2016/12 三代目浮舟桔梗(小橋瑠衣)と郷内さん対面
小橋美琴、清美姉さん封印
母様の家にてカカ様を回収、郷内 vs イザナミ
お不動さんにてカカ様と対決
2018 郷内(ネル) vs 花嫁


ざっと書き出してみましたが、すごいですね。
1991年から2018年に至るまで約30年に及ぶ
因縁の物語。

郷内さん曰く、「拝み屋怪談シリーズ」は
これで一応の完結となるそうです。

まぁ、郷内さん自身も満身創痍ですし、
本業の拝み屋も休業中とのことですので、
致し方ないかと。

願わくば、また郷内さんの語る新しい怪談を
読みたいので、まずはゆっくり休んでください。

ネルの復活と、奥さまとの平穏無事な生活を
取り戻せるよう、お祈りしております。


■その他のレビュー記事

拝み屋郷内「怪談始末」「花嫁の家」は実話か?

郷内心瞳さんの『逆さ稲荷』を読んだけど拍子抜け?

『拝み屋怪談 禁忌を書く』 書かれていたのは禁忌ではなく・・・

「拝み屋怪談 来たるべき災禍」はジャパニーズホラー版マトリックスだ!

「拝み屋異聞 うつろい百物語」は「来たるべき災禍」の後日譚だった

「拝み屋備忘録 怪談双子宿」は怖いもの好きに警鐘を鳴らす一冊

ドラマ「拝み屋怪談」の原作「怪談始末」旧版と新版の違い

人工未知霊体タルパが招く災厄『拝み屋怪談 鬼神の岩戸』

「田舎怪異百物語」と「山寺グラフィティ」の奇妙なリンク

郷内・小橋コンビ リターンズ「怪談首なし御殿」

花嫁の家の続編!拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉

拝み屋怪談シリーズついに完結!拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉


拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/07/24
  • メディア: 文庫



拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/06/14
  • メディア: Kindle版



拝み屋郷内 花嫁の家 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 花嫁の家 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2014/09/25
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。